宿泊約款

第1条 の意義

(株)全州映画ホテルと締結する宿泊契約及びこれに付随する契約は本約款に定めることに従い、本約款に規定されてない事項に関しては法令または慣習を従うことを原則とします。

第2条 宿泊予約

(株)全州映画ホテルに宿泊をしようとする場合、有線または当社のホームページなどで宿泊の予約ができます。

第3条 宿泊拒否

(株)全州映画ホテルは、次の各号の1に該当する場合には、宿泊を拒否することができます。

1. 宿泊予約の申請がこの条件によらない場合
2. 客室の余裕がない場合
3. 顧客が法令または、公序に反する行為の恐れがあると判断された場合
4. 顧客が他の顧客または当ホテルスタッフに言語、暴力などで脅威する行動をする場合
5. 顧客が伝染病者だと明白に認められた場合
6. 当ホテルに、禁止する品物(動物、麻薬、銃器類、等)を携帯、所持する場合
7. 天災、施設の故障、その他避けられない理由で当ホテルに宿泊に応じない場合
8. 大韓民国の法令など規定することによって宿泊ができないと判断された場合
9. その他正当な事由がある場合


第4条 姓名などの提示

(株)全州映画ホテルは宿泊予約の申請を受ける場合 予約者に対して次の各号に記載された事項の提示を要求することができます。

1. 宿泊者の姓名、性別、連絡先
2.  その他等ホテルが必要であると定めた事項

第5条 予約の保証金

(株)全州映画ホテルは顧客の宿泊の予約の保証金の支払いを要請することができます。

第6条 予約者による予約の取り消し

宿泊の予約者が宿泊の予約の全部、または 一部を取り消しした場合、当ホテルの次の各号の基準により、違約金を請求いたします。

1. 一般顧客

- 宿泊の予定日2日前まで取り消しの場合 :違約金ない
- 宿泊の予定日1日前まで取り消しの場合:50%
-  宿泊予定日の当日取り消しの場合:1日の宿泊料金の100%
- 事前キャンセルの要求せず宿泊していない場合


2.  団体顧客(10名以上)

- 宿泊予定日 14日前までキャンセルした場合:違約金なし
- 宿泊予定日7日前までキャンセルした場合:キャンセル客室数×キャンセル客室の1日宿泊料金100%
- 宿泊予定日の3日前までキャンセル場合:総 宿泊料金の50%(一泊宿泊の場合総宿泊料金の100%)
- 숙박예정일 1일 전까지 또는 숙박예정일 당일 취소한 경우 : 총 숙박요금의 100%
- 事前キャンセル要請なしで宿泊しない場合: 総 宿泊料金の100%


3. 別途契約の団体 (MICE) 宿泊予約者:契約の規定による。

※ただし、航空機の不着または遅延、天災などのやむを得ない事情で予約をキャンセルする場合には、違約金を受け取りません。

第7条 ホテルによる予約キャンセル

① 当ホテルは次の各1号の1に該当する場合に限って例外的に顧客の予約を取り消しできます。

1.本規約第3条3号から8号までの場合
2.本規約 第4条の提示を要求したが、定められた期限までに、その事項が明示されていない場合
3.本規約 第5条の予約保証金の納付を請求したが、その期限までに納付していない場合

② 前項の規定により予約が取り消しされた場合、 当ホテルはすでに納付された予約保証金をお返しします。

第8条 宿泊登録

宿泊者は宿泊の当日、ホテルフロントにて次の事項をご記入ください。

1. 第4条第一号の事項
2. パスポートの番号、パスポートの有効期間
3.  現住所、電話番号、生年月日、イーメール
4. ホテル出発日
5. 個人情報の収集、利用に対する同意
6. その他 ホテルで必要だと認められる事項


第9条 チェックアウト

① チェックアウトの時間は11時です。
② 顧客が前項のチェックアウトの時間を過ぎた場合、とホテルはつきのように追加料金をせいきゅうすます。

1. 正午12時まで:追加料金11000ウオン
2. 正午12時以後1泊料金


第10条 付帯施設の営業時間

付帯施設の営業時間は事情により変更されることがあります。

- 1階 駐車場24時間
- 2階 映画図書館カフェー:月~木曜日 09:00 ~ 18::00 金土日毎週最後の週の水曜日 09:00 ~ 21::00
- 3階 セミナー室 : 09:00 ~ 22:00
- 9階 コインロンダリング : 09:00 ~ 22:00
- 10階 屋上庭園 : 09:00 ~ 22:00


第11条 料金の支払い

① 利用料金はチェックインの際支払いしてください。

② 入室してから、任意で、宿泊をしない場合も宿泊料金を支払わなければなりません。

第12条 利用規則の順守

(株)全州映画ホテルを利用する顧客は当ホテルの利用規則を順守しなければなりません。

第13条 宿泊延長の拒絶

次の各号の1に該当する場合(株)全州映画ホテルはお客様の宿泊延長の申請を拒絶すろことができます。

1. 本規約第3条第1号から8号までの場合
2. 顧客が当ホテルの利用規則を順守していない場合
3.  その他 正当な事由がある場合

第14条 宿泊施設の責任

① 全州映画ホテルは、宿泊者がフロントでチェックインをしてからチェックアウトをするまで施設利用に関する責任を負います。

② 宿泊者が、全州映画ホテルの利用規則を遵守しないなど、宿泊者の責任ある理由により受けた被害に対して、当ホテルは責任を負いません。

③ (株)全州映画ホテルの責任ある事由で宿泊者が当ホテルをご利用できなくなる場合と同等または類似の条件による他の宿泊施設を斡旋しています。

第15条 客室キーの引き受けまたは返却

① チェックインの際には料金の支払いと一緒に客室のキーを受け取り、チェックアウトの際にはフロントでキーを返却してください。

② 滞在中にキーを紛失した場合には、すぐにフロントに紛失の届出をする必要があり、客室キーの再発行申請書と紛失費用10,000ウォンを支払う必要があります。 また、失われた方の身分証明書をコピーするので注意してください。

③ カードキーを所持して退室いただいた場合には、郵便物やその他の方法で当ホテルに戻していただく必要があります。